記事の詳細

「素直な心で生きて幸せになる」

ありのままの生き方ナビゲーター☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「目的を具体的に書く」 をテーマにお話しします。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「素直な心で生きて幸せになる」ありのままの生き方ナビゲーター★伊藤直幸のブログ

目標を書くときに、注意することをいくつか上げてみます。

 

1)現在形で書く

「私は、~を持っている」、「私は、~である」、「私は、~を稼いでいる」

潜在意識は、現実と想像を区別することができず、書かれた通りに解釈をするからです。

潜在意識は、過去形や未来形には反応しません。

「~をこれから手に入れる」 というような表現を使うと、潜在意識は、目標を 「手の届かないもの」、「未来にあるもの」 だと考えてしまいます。

 

2)前向きな表現を使う

「10kg痩せる」という表現では、何らかの効果があったとしても、ほとんどは上手くいきません。

自分の求めていることだけを考えます。

 

「真っ赤な象のことを考えてはいけない」

今、思わず 「真っ赤な象」 を想像してしまったかも知れません。

 

「目標」 についても同じことです。

余計なことを考えると、そのことに気を取られてしまいます。

 

「前向きな表現」 を使うようにする。

「10kg痩せる」 ではなく、「いつまでに、理想体重の50kgになる」 と書くようにしましょう。

「素直な心で生きて幸せになる」ありのままの生き方ナビゲーター★伊藤直幸のブログ

3)数字で表せるもの(収入、貯金、体重など)が目標である場合、「具体的な数字と、目標達成日」 をきちんと書く

例えば、「もっとお金を増やす」 という目標では、大した成果は期待できません。

「アルバイトをして、7月31日までに10万円余分に稼ぐようにする」という、目標を定めた方が上手くいきます。

 

目標は、「現在形」、「前向きな表現」、「具体的な数字と、達成日」 を入れて書きましょう。

伊藤直幸

P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、ブログランキングをクリック(応援)して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 生き方

5月19日開催!
『素直な心で生きて幸せになる!』
お金・幸運・恋愛を引き寄せる“本当の自分”発見セミナー!
案内ページはこちらです。

「自分の心に素直になってありのまま生きるため」 のエッセンスをお届けするメールマガジンを発行しています。
まだ購読をされていない方は、今すぐ、こちらからお申し込みください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る