記事の詳細

あなたは、「先に食べる派?」

それとも「最後に食べる派?」でしょうか?

 

何の話かって、ご飯の話です。

 

ご飯を食べるときに、美味しいものとか、自分の大好きなものってありますよね。

 

小学校の頃の給食とかでも、美味しいデザートとか、子どもがいかにも好きそうな食べ物って、メニューの中に一つや二つはあるもの。

そして、だいたい、それを「先に食べる派」か、「最後に食べる派」の2つに分かれる。

 

あなたは、どっちでしょうか?

 

   ★

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

なぜ、こんな話をするかと言うと、結構、重要なことだからです。

 

美味しいモノを最後に食べることによって、その後の人生に大きな違いが出るのです。

 

なぜなら、リサーチで結果がでているから。

「自分の欲しいもの」をスグに取ってしまう人と、ちょっとの間我慢できる人とでは、その先の人生で大きな違いがあると言うことが。

 

「美味しいもの=報酬」をすぐに欲しがるタイプと、報酬を後々まで待てるタイプでは、待てるタイプの方が長期的に見て、満足した人生を送り、成功にも近いのです。

 

つまり、自分の好きな美味しいモノを最後まで残しておく子は「将来、成功した人生を送る」ことが言えるのかもしれません。

 

10628378_714693178585323_6021376251264536695_n

 

実際、これは食事だけに限らないのです。

例えば、ビジネスで考えてみると、その通りって感じなのです。

 

つまり、利益を後回しで考える方が「結果的に利益が大きくなる」と言うことがビジネスの世界では一般的に言えるのです。

 

最初にお客さんに何かの商品を買ってもらうためには、採算を度外視して商品原価や広告費をかけます。

実際、ここでは利益はあがりません。

 

しかし、その後、商品を買ってくれたお客さんとの関係を作ることによって、別の商品を買ってもらったりすることができます。

結果、最初に利益を上げようとしたときよりも、より多くのお客さんが生まれます。

 

なぜなら、利益度外視で広告ができるから。

そして、より多くの利益が見込める。

 

それを、最初から利益を取ってしまうと大した結果にはならないのです。

 

報酬を後回しにする。

報酬を我慢する。

成功を後回しにする。

 

と言うことは、究極の成功法則なのです。

 

あなたはどう思うでしょうか?

何かを少しだけ我慢して始めてみればどうでしょうか?

 

今日もステキな1日をお過ごしください。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る