記事の詳細

「素直な心で生きて幸せになる」

ありのままの生き方ナビゲーター☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、自分を愛すること 「学んでいるときに間違えるのは構わない」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

前にも述べたように、多くの人が完全主義に縛られています。

最初の3分間で完璧にできなければ、自分はあまり良くないのだと決めつけます。

それでは、何か新しいことを学ぶチャンスを自ら潰す結果になります。

あなたが学ぼうとすることは何でも時間がかかります。

最初に何かをやり始めるとき、たいていは自分が正しいとは思えません。

私のいう意味を示したいので、今少しだけ時間をとり、両手の指を組み合わせてみて下さい。

手の組み方に、正しい、間違いとかはありません。

両手を組み、どちらの親指が上になっているか注意してみましょう。

手を離して、今度は逆の親指を上にして指を組み合わせてみて下さい。

たぶん組み手が違って、奇妙に感じ、間違っているとすら思うでしょう。

また最初のやり方で指を組み、それから次のやり方、そして最初のやり方、また次のやり方で組んでそのままにしてみます。

どんな感じでしょうか。

それほど変ではない。

それほど悪くない。

だんだん慣れてきている。

それは、両方のやり方で指を組むことを学べたのです。

新しい方法で何かをやるときも同じです。

どこかに違和感があると、私たちはすぐに判断を下しますが、ほんの少し練習すれば、ふつうのこと、自然なことになります。

一日で自分自身を完全に愛そうとは思いませんが、毎日少しずつだったら愛せるようになります。

一日ごとに、自分を与える愛が少しずつ増えていき、2、3ヶ月経ったら、かなり自分自身を愛せるようになっているでしょう。

だから、間違いはあなたの踏み石です。

それに価値があるのは、あなたの先生になるからです。

間違ったからといって、自分を罰してはなりません。

進んで間違いから学び、成長すれば、それがステップとなって、あなたは人生で何かを達成できます。

私たちに必要なのは、知っていることに力を与えることで、「お手上げ」 と諦めたり、「何の役に立つのか」 と言って、いつまでも逆らうことではありません。

ネガティブな雑草が育ったら、できるだけ早く引き抜きましょう。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

☆あなたが気づいたこと、感じたことを

 多くの人とシェアしてみませんか。

 ぜひ、あなたの思いをコメントに残して下さい。

 楽しみにしています。

★ブログランキングに参加しています。

 応援(クリック)を宜しくお願いします。

にほんブログ村 生き方

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る