記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

「やりたいことを仕事にしよう」
「好きなことを仕事にしよう」
という考え方が最近のちょっとした流行のようです。

やりたいことや好きなを仕事にすれば
毎日がワクワクして
楽しく生きられるんじゃないか?

 

一方で、「やりたいことは仕事にするな」
という人もいます。

これは、昔からある考え方です。

理由のひとつとして、
「やりたいことは趣味でやるのがいい。
 仕事にすると辛くなる」

 

でも、上手くいっても
「仕事だからやらなきゃいけない」
というマインドセットで取り組むと、
そのうち、純粋な喜びを
感じなくなるような気もします。

 

どんなに好きなこと、
やりたいことを仕事にしても、
スキルレベルが低かったり、
市場のニーズと合わなければ
上手くいきませんね。

 

3e288cc1

 

もうひとつは、
「やりたいことを仕事にしようなんて、
 世の中そんなに甘くないよ」という感情論です。

 

「世の中は、思い通りにはいかないんだ」
「人生は、苦労するのが当たり前だよ」
「給料を貰うためには我慢」

という、昭和の時代の
窮屈な人生観が出ています。

 

私はこれからの時代は、
「やりたいことや好きなことを仕事にする」
という考え方がいいと感じています。

それは、なぜか?

 

世界中やネットで情報が行きかい、
国境や人種の垣根がなくなってきている時代。

そこでは職種や雇用形態に関係なく、
どんな人たちもみなグローバル競争に巻き込まれます。

人種や国籍に関係なく、
本当に成果を挙げた人だけが生き残っていく。

おそらく、どんどん差がついてくる、
とも思うのです。

 

その差というのは、
「そのことにどれだけの時間と
 エネルギーを投入したか」です。

食事のときも、寝ているときも、
いつもそのことを考えている。

そういう人が結果として成果を上げて、
周りから評価される。

 

これは、会社の経営者や
モノを創りだすクリエーターだけに
あてはまるのではないのです。

全ての働く人が成果で評価され、
食えるか食えないかが決まっていく。

結構、きついですね。

 

それならば、
「24時間考え続けて、
 やり続けても全く苦にならないもの」を
仕事にするのが正解なんじゃないか、
という発想です。

「やりたいことや好きなことを見つけて、
 徹底的にやる」というのが、
これからは一番現実的な考え方だ、
と思っているのです。

伊藤直幸

★「やりたいことが見つからない!」
「やりたいことを仕事にしたい」人に

個人セッションを無料で行っています。
話してみると、やりたいことが分かります。
詳しくは、こちらをご覧になってください↓
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=2444


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る