記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「自分をポジティブな方法で表現する」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

境遇をつくるのは、私たち自身です。

自分が満たされていないからといって

人を批難すれば、

自らのパワーを逃がすことになります。

どんな人も、どんな場所や物事も、

私たちを制するほどの力はありません。

私たちは、心の中で考えるだけでいいのです。

   ☆   ★   ☆   ★   ☆

アクシデントに巻き込まれたときや、傷つけられているときは、たいてい、心の奥で罪の意識を感じ、場合によっては罪を望むこともあります。

そこには、抑圧された敵意があるのかもしれません。

「自分を弁護する権利などない」 と感じているのかもしれません。

一方、誰かを攻撃するとき、人は表現できない怒りを抱えていることがよくあるものです。

攻撃することが、怒りを表す機会となっているのです。

アクシデントというのは、単なる偶然の出来事ではありません。

アクシデントが起きたときは、心の中を覗いて自分の行動パターンを見つめ直し、愛を持って他人に感謝し、その体験を丸ごと解放しましょう。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る