記事の詳細

人間の「頭」は考えるのが仕事ですから、
いつも何かしら考えています。

「楽しいこと」も「嬉しいこと」も考えますが、
「辛そうなこと」や「苦しそうなこと」も考えます。

つまり、手当たり次第に考えています。

 

「頭」は働き者です。

本当にありがたいものです。

 

でも、問題があります。

「頭」は、「楽しいこと」や「良いこと」は、
すぐに「問題なし」と手放してしまいますが、
「辛そうなこと」や「苦しそうなこと」は、
いつまでも手放そうとしません。

「何とか解決しよう」と考え続けるからです。

 

また、
「何とか楽に解決しよう」、
「経済的に解決しよう」と、
最良の解決策を探そうとします。

つまり、それが「悩み」です。

 

そして、面白いことに、
「悩んでいることの辛さ」だけは
解決しようとしません。

それだけは例外として見過ごしてしまいます。

 

ですから、
小さなことでもどんどん悩みが
大きくなってしまいます。

ひどいときは、
「悩んでいる苦しみ」の方が
実際の問題より大きい場合も出てきます。

困ったものですね。

 

これを止めるには、

1)他のことに没頭する方法と、

2)今は考えずに後で考えようと
  先送りする方法の、

二つの方法がありますが、

それとは違う、
第3の方法をお教えします。

 

それは、「宇宙へお返しする方法」です。

 

0121e3ec75c8f651c8bbf1b8976263f3 のコピー


やり方はこうします。

すべての幸運や不運は、
みんな宇宙の運行にその「原因がある」と考えます。

確かに自分が地球に生まれたのも、
地球が宇宙に存在してあったからですし、
毎日、水や空気が与えられているのも、
太陽や地球のお陰です。

 

そのような、最も重要なことが、
みんな自分の「努力」や「考え」とは
関係ないところで運行されているとしたら、
自分が懸命に考えて何かをしようとしても、
まるで、大海に落とした
涙ほどの
効果しかないのかもしれません。

 

そう思えば、
大概のことは
『なるようにしかならない』のです。

どうなるか分からないから
いろいろと考えたくなるのですが、
「考えたところで大したことにはならない」
と認識すれば手放すことができます。

 

これが、その考えを「宇宙にお返しする方法」です。

「私は、宇宙の中で生かされています。
 有難いことだと思います。
 難しいことは何も考えませんので、
 後は宜しくお願い致します」

と、すべてを渡してしまうのです。

身も心も、運命も命さえも。

 

ただ、「生かされていること」に感謝して、
楽しく毎日を送ればいいのです。

 

深刻に考えても、気楽に考えても、
実際には、あまり差はありません。

というより、
気楽に考えて生きる方が、
深刻に考えて生きるより
少なくとも
「幸せ」でいられる時間は長いのです。

その方がお得です。

 

考えるのは「頭」の仕事です。

でも、考えすぎるのはよくありません。

伊藤直幸

ブログ共通バナー_メルマガ
ブログ共通バナー_ブログランキング

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る