記事の詳細

いい人にめぐりあえたら、
勇気を出してアタックできそうです。

成功すれば「超ウレシー♪」ですし、
失敗したとしても、
その場合は後悔しないでしょう。

何と言っても、
いい人に出会ったのですから。

 

でも、
つまらない人にアタックして、
深入りしたりしたら、それこそ大変です。

面倒なことになるし、
「振る」ならまだしも、
「振られる」などしたら最低です。

プライドはズタズタになってしまいます。

だから、
アクックするのに値するような
いい人にめぐりあわなければなりません。

 

などと考えていると、
周りにいい人がいても見えません。

なぜなら、
自分の欲で目が曇っているからです。

 

P6040195

 

自分の欲とは、
「より良い人にめぐりあいたい」です。

「より良い」のところが目が曇る原因です。

 

「そんなことはないよ。
 目をしっかり開いて、
 より良い人を捜そうとしているんだから」
と思いがちですが、
確かに目は「カッ」と開いているかもしれませんが、
ココロの目が曇ってしまっています。

ココロの目は「比較」になっているからです。

 

「比較」とは、
自分のココロの尺度で、相手を測ることです。

この人は50点、
この人は65点という具合に。

 

もっと、
ちゃんと比較しなくちゃと思えば、
ココロはますます曇ります。

すると、
相手が何を思って、何を考えているのか、
本当はどんな笑顔をしている人なのか、
実は、何も見ていないことになります。

相手がいい人なのかどうかも
さっぱりわかりません。

本当は笑うと目がとっても優しい、
ハートの輝いている人と出会っていても、
ココロが「比較」に没頭していると、
相手を感じる能力が無くなってしまうからです。

 

自分のココロを「比較」に向かわせないで、
何のジャッジもなく相手を感じましょう。

すると、
相手のココロの輝きがすぐに実感できます。

 

そして、
それは常に動いていることにも気づくでしょう。

あなたのココロの輝きに反応しているのも、
わかるようになります。

チカチカという光りの反応が
眩しいくらいに交換できる相手と
めぐりあえるのも、実はすぐそこなのです。

 

「比較」をやめて、
自分のココロの目をしっかりと開きましょう。

すると、
ハートの輝いている人との出会いも見逃しません。

伊藤直幸

「自分の心に素直になって、幸せに生きるため」の
エッセンスをメールマガジンでお届けしています。

購読をされていない方は、今すぐ、お申し込みください。
簡単に登録、解除ができます。
メルマガ-small-ver1

ゆるくて楽しいひと時を過ごしてみしませんか?
「素直な心で生きて幸せになるお茶会」を
9/9(月)~9/28(土)のお好きな日に開催します!
shousai-01
P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、
↓↓↓ 応援して頂けると嬉しいです(^-^) ↓↓↓

ranking01-2

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る