記事の詳細

★前回の話:『自分らしさ』という宝箱の蓋が再び開いた!

 

(続き)

妻に事故を起こしたことと、仕事先から「これ以上、仕事をさせる訳には行かない」と、言われたことを伝えると、仕方ないといった様子で、冷静に受け取ってくれました。

不思議なもので、何度か転職を繰り返しているので、辞める(辞めさされる)ことに対して、自分が冷静でした。

頭の中では、これからどのようにして生活をしていくのかを考えていました‥。

 

事故が土曜日の明け方だったので、怪我は応急処置をしてもらっていて、翌週の月曜日に病院へと行くと、鼻が曲がっていて元に戻す手術が必要と言われました。

手術と聞いたときも、驚きはなく、冷静に受け止めていました‥。

 

驚いたのが、会計に行ってからでした‥。

診察を受けるとき(事故で応急処置を受けたとき)に、怪我の原因を聞かれて「自損事故で怪我をした」ことを伝えていました。

 

2日間、病院に掛かった費用を聞いて驚きました!

6万5千円(書類が見つからないので、記憶ですが)。

一瞬、何の事か分かりませんでした。

 

後で分かったのですが、自由診療で全額自己負担扱い(健康保険に病院が請求しない)になるからと聞きました。

とは言え、今払うにしても手持ちは1万円弱。

とりあえず、後日払いますとの書類にサインをして病院から帰ってきました。

 

実は、事故を起こした土曜日に、「会社としては、居眠り運転を労災申請するのは難しい」と言われていました‥。

(その3へ続く → http://itou-naoyuki.jp/?p=848

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る