記事の詳細

気がつけば、11月25日。

今年も残り少なくなってきました。

小学生のときは、クリスマスに年越し、お正月と1年が変わる節目が大きなイベントのように感じられていましたが、年を重ねるとこれといった思いもなくなりつつあります。

新鮮さを感じられなくなったのか、ただ単に面倒なのか‥。

そろそろ、部屋の大掃除の準備をしなくてはと考えています。

そうこうしている内に日が経って、今年の大掃除はやめたという年もありました。

掃除をするということだけでも、労力がいります。

掃除だけに限ったことではありませんが。

楽しいことなら、体が「すっと」動くのですが、やりたくないことは「重い」ですね。

これは、人生においても同じだと思います。

苦しいことや、自分が感じたくないこと、認めたくないことは後回しにしようと、無意識に行動を起こしています。

私の場合は、無意識の行動を父親から学びました。

父は、何かあると、「大丈夫や!」というのが口癖で、出来事を良く見ていませんでした。(その後始末は母がすることになるのですが、父の性格を見越してしっかりとやっていたのは憶えています)

よく言えば楽天的ですが、曖昧にしている部分があり、その背中を見て育ってきたことを、自分が身を持って実感していることにようやく、気づきました。

もし、父が楽天的でなく、曖昧にせずにいれば、もしかすると、私は何事に対しても曖昧にしてこなかったかも知れませんし、今の環境や状況に置かれていなかったかも知れません。

だからといって、私は父を恨みはしません。

現在(いま)存在が出来ているのですから‥。

この部分は(今は)何とも言えないのですが、父の性格を受けたお陰かも知れないとも思っています。いづれ(影響を受けた)にしろ、自分がこれまでに選択をした結果が、現在の自分であることは疑いようもない事実です。

今の私に出来るのは、過去を反省し「曖昧さ」に生きることから決別すること。

そして、自分らしさを表現し「自分らしく生きる」ことが誰にでも出来ることを伝えること、妻(家族)に自分と出会えてよかったと思ってもらえるようにすることがこれからの目標です。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る