記事の詳細

昨日の晩、2年前に(2009年4月から11月頃にかけて)書いた日記を読み返してみました。

妻に内緒で2ヶ月近く仕事探していたときの様子。

働き出してから、椎間板ヘルニアを患い手術をして仕事をクビになったときの様子が書かれています。

経緯は追々と書きますので‥。

さて‥。

振り返ってみると行き当たりばったりで、これまでの自分を振り返ったり、反省をしていませんでした。

自分がどの仕事に向いているか適性検査はしましたが、本当の自分に対して、仕事だけでなく、人生を通じて何がやりたいのかが見ていませんでした。

当然のこと、自分がこれまでにあいまいにしてきた、自分に対して何事もあいまいにしてきたことなど、全く分かっていません。

その結果、自分がそれまでに得意としてきたこと(一番最初に勤めた会社の製作工場での管理や事務がやりやすかった、居心地が良かったのです)に関わるような、総務や事務系の仕事ばかり探しては、落ちてばかりいました。

探し方として、間違ってはいないのかも知れませんが、仕事というのはお金という部分だけで、全てが割り切れるものではないと思います。

自分が、自分の人生で本当にやりたいこと(目的地)が見えていて、その上でその仕事をやってみる(寄り道してみる)ならいいと思いますが、見えていないのにただ、これまで自分が得意としていること、やりやすかったことを基準として仕事を選んでしまうと、結局はあいまいになってしまうと、今は理解しています。

本当にその仕事が好きであれば、得意である、やりやすいという理由だけで仕事を選ばないと思います=逃げないし、ぶれていないのですから。

難しくしてしまって、申し訳ないです‥。

要は、これまでの自分(過去)をしっかりと反省し、これから何がやりたいのかをしっかりと見つめた上で、仕事とどう向き合うかということです。

仕事 > 自分ではなく、

自分 > 仕事(自分=仕事)ですね。

私はそれが、そのときは気づかなかった、分からなかったのです。

分からなかったから、今回(転職5回目)でようやく気づくことができたのです。(まぁ、鈍いだけかもしれませんが‥)

自分のような思いをする人は、自分だけでいいと思っています。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る