記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「自分の間違いは、堂々と認める」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

多くの人は、自分が間違いや失敗をするという 「事実」 を認めたがりません。

その理由は、自分を責める気持ちに 「もう、いや」 と言うほど苦しめられているので、これ以上苦しみたくないからです。

自分が間違っていることを知ると、どうしても心の奥底で苦痛を感じてしまいます。

そこで、もう苦痛を感じなくてすむように 「自分はいつも正しい」 と自分で思い込み、他人にもそう思ってもらおうとするのです。

しかし、そんなに肩肘を張って生きる必要があるのでしょうか。

自分が間違っていたら、それを堂々と認めればいいのです。

いつも正しい必要はないのですから。

しょっちゅう失敗するからといって、世間から追放されることはありません。

いつも正しい人が優れた人ということにはならないのと同様に、失敗しても人間的に劣っているということにはなりません。

間違いを犯すということは、人間的に劣っているということではなく、人間的だということです。

自分が犯した間違いを進んで認められるということは、人間的に円熟している証であり、健全な自尊心の尺度でもあるのです。

正しくても、間違っていても、自分は常に価値のある人間です。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る