記事の詳細

「いい子でいなければ愛されない」

長男長女で、下の兄弟が手のかかるのを見ていて、親に負担はかけられないと良い子を演じて育つと、いつも自分の本当の気持ちを抑圧して育ってしまいます。

すると、成人した後も自分の本音を言えない、ついには自分でも自分の本心が分からないという結果にさえなってしまいます。(長男長女でなくても、同じような結果を生むことも大いにありえます)

かつて、親、先生、社会はこう言いました‥。

「~でなければ愛さない」、

「~しなければ愛さない」

条件つきでなければ愛さない。

それが、あなたが自分を嫌いになったきっかけです。

本当のあなた(自分)は知っています。

自分は無条件で愛されることを。

知っている自分と、親や社会が決めつける自分に隔たりがあります。

その隔たりにあなたは苦しんでいます‥。

『私は無条件で、瞬間(いま)ここにこうしているだけで誰からも愛される』

それを思い出したとき、あなたは『心から、自分を好きになれます』

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る