記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

 

私のブログを
見てくれている人は、

「幸せになりたい!」と
自分の人生を
向上させようと
前向きに捉えている人
だと思っています。

 

多くの人は、
「幸せになるため」に

本やブログ、
セミナー、教材で
スキルや情報を
手に入れようとしている。

 

「なぜか?」と言うと、
失敗することが恐いから。

 

極端に、
「失敗」を恐れている気がする。

 

そもそも「失敗」は、
その行動が
「上手くいかなかった」
ように見えているだけ、

もしくは、
「結果的に良くなかった」だけであって、
「失敗そのもの」というものは
世の中には存在しない。

 

あくまでも、
それを「どう受け取った」か、
ということに過ぎない。

 

今、勇気を持って行動する人が
世の中でもの凄く
少なくなっている。

 

社会の体裁や
他人からどう思われるか、
気にし過ぎている。

 

だから、
世の中が言う、
「失敗」を避けるために
何らかの方法を探そうとする。

 

「幸せになる勇気を持つ」
って言うのは、
他のみんなが反対しても、
「そんなことは、あり得ない!」と
言われていることでも、
あなたはそれを
「やる」っていうこと。

 

あなたがこの前に、
「幸せになるために勇気を
持って
 行動したのはいつだった」
だろうか?

 

もし、
あなたの人生に今、

「幸せになる勇気」が
欠けていると思うなら、

一体、それはなぜだろう?

 

時間を取って、
考えてみて
欲しい。

 

どうしたら、
よりあなたの人生に

「幸せになる勇気」を
つけ加えられるだろうか?

 

勇気を持つのが難しければ、
「どうしたら、
 勇気を持った仲間とともに
 立ち上がれるだろうか?」

 

sukinakoto-shigotonisuru01-640x336

 

勇気って言うのは、

自分が難しいと感じるとき、
大変だと感じるとき、
恐いと感じるときでも、
それをとにかく
「やる」ってこと。

 

それが本当の勇気。

 

あなたも、
その本当の
勇気を持って
生きて欲しい。

 

その勇気を持って行動したとき、
人生は大きく
「幸せ」に切り開かれていく。

 

勇気を持って行動すれば、
周りの人が見る目も、
あなた自身も
大きく変化していくから。

 

「幸せになる勇気」を持って
生きていくこと。

 

今、必要なのは、
失敗しないための
知識や学びよりも、
「自分を信じて行動すること」

 

それだけで、
あなたの中にある「幸せ」に
気づくことができるのです(^o^)

 

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る