記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

5日ほど前、
家族で淡路島へ海水浴に行きました。

 

そんな中で、
幸せなモノに
たくさん出会いました。

 

幸せな風景を見る

幸せな海水浴で海を満喫する

幸せな玉ねぎを味わう

 

それを知ってしまうと、
それが基本になる。

 

知ってしまったら、
それは「なかったこと」には
できなくなる。

 

そして、
悲しいかな、
比べてしまう。

 

あそこは、
こうだったのに、、、

 

あそこでは、
ああだったのに、、、

 

昔の会社であった話。

 

後輩が四国の漁師町で
育った女性と結婚をして
大阪に暮らすようになりました。

 

すると、
彼女は魚を食べなく
なってしまった。

 

スーパーで売られている
魚やお刺身は
マズイとか。

 

後輩は普通に満足しているのに。

 

彼女にとって、
育った町で、
当たり前のように
食べていた魚は
まさに新鮮そのもの。

 

最高の味だったワケです。

 

だから、
それまで幸せだったのに

急に不幸になってしまった。

 

人って、

最高のモノ、

最高のサービス、

最高の便利さ、

 

最高の幸せを一度でも
味わうと
なかなか戻れない。

 

だから、

ヒット作を生み出した人が
【一発屋】と言われ、

「もう一度」と
苦しみ続けることがある。

 

華やかさ、
絶好調を体験したときに、

その「感覚」が
幸せだったからこその
「不幸せ感」が自分を襲う。

 

今、
不幸せを感じている人も、
後になってから、
「あれは当たり前じゃなくて、
 幸せだっんだ」
と気づく。

 

もっと、最高にしたい!

もっと、便利にしたい!

 

もっと、いいサービスを受けたい!

もっと、売り上げを上げたい!

 

もっと、収入を稼ぎたい!

もっと、成績を伸ばしたい!

 

もっと、美しくなりたい!

もっと、モテたい!

 

もっと、がんばれ!

もっと、強くなれ!

 

もっと!

もっと!!

 

と、「もっと」を
反映し続けた結果、

日本には、
「まだまだ足りない」という
不幸せ感に覆われてしまった

 

もっと、社員を教育して、

もっと、会社を良くして、

もっと、景気を良くして、

 

もっと、日本を良くして、

もっと、日本を素晴らしくして、

もっと、世界から認められて、

もっと、幸せにしたい!

 

今のやり方は、ダメだ、

今の生き方は、ダメだ、

今の環境は、ダメだ、

今の自分じゃダメだ、

 

ダメだ!

ダメだ!!

 

と、「ダメだ!」を
言い続けた結果、

「私が自分を変える」

「私が世界を変える」という、
向上したい
気持ちは
素晴らしいけど、

 

それって同時に、
今、最高の自分を否定している、

今の現状を否定していること、
でもあるワケです。

 

20160101_mariage

 

そして、
何かを達成しても、

「まだまだ、自分は足りない」
と言って、

がんばって走り続ける。

 

「ここが、まだいけない」

「ここは、もっとよくなるはず」

 

いつ、満足するの?

 

いつ、【幸せ】を感じるの?

 

いつまで、

「私は、ダメだ」

「私には、ない」

「私は、まだ足りない」って、
否定し続けるのだろう。

 

今の環境も、

周りも、

自分のことも。

 

いい加減に、

「がんばっている自分」も、
「がんばられなかった自分」も、

 

「出来た自分」も、

「出来なかった自分」も、

 

「愛されている自分」も、

「愛されなかった自分」も、

認めてあげようよ。

 

今、最高に幸せだよ?

 

なんで、
問題にする必要があるのかな。

 

どこまで行っても、

いつまで経っても、
不満は残る。

 

どこまで行っても、

日本中が満足することはないよ。

 

もう一度、
満足してみよう。

 

もう一度、
当たり前に感謝してみよう。

 

その上で、

最高なことも、

今も、

最低なことも
楽しめると
幸せだよ。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る