記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

 

誰もが、
自分なりのクセ(癖)を
持っています。

 

自分では気づかないけど、

人から言われて、
「自分のクセ」だと分かった、、、

 

そんな経験があると思います。

 

私も、
「真面目ですね」と言われ、

真面目が癖か、、、

 

確かにそうかも!

と思ったことがありました。

 

私は、子どものときから、

嬉しいとき、

できたとき、

楽しいとき、

 

困ったとき、

イヤだったとき、

焦っているとき、

 

悔しいとき、

甘えたいとき、
などなど、、、

 

もしかすると、
「クセ」とは言わないけれど、

それらを顕著に表現しています。

 

だから、

困ったとき、

イヤだったとき、

焦ったとき、

 

悔しいとき

甘えたいとき、
などなどを、

 

ただ、泣く。

ただ、黙る。

ただ、拗ねる。

で、表現していたのです。

 

カウンセリングをしていても、

その方の思考のクセ、

言葉のクセ、

態度や視点のクセ
分かります。

 

クセそのものが
悪くはないのですが、

ただ、
自分が気づいていないところで、
【幸せを遠ざけてしまっている】
ルーティンを持つのは、

止めた方がいいかな、
って思います。

 

もし、

何を見ても、

場所を変えても、

人が変わっても、

「上手くいってないなぁ」って、
感じることがあったら、

 

「自分のクセは、何だろう?」

 

そんなことを
考えてみるのがいいですね。

 

決して、

自分の悪いところ、

短所や欠点、

他人との比較、

上手くいかない原因を探すのではなく、

 

ただ、
「自分のクセ」を見るのです。

 

人には、
悪いところ、
短所はありません。

 

ただ、
自分が【正しい】と信じ込んだことは
クセになっていて、

それが、
自分が気づいていないところで、
【幸せを遠ざけてしまっていること】も
あるということです

 

自分のクセは、

「また、同じことだ」

「いつもそうだ」

「やっぱり、だ」

と、
同じことが繰り返されていることで、
気づくことがあります。

 

そんな、
心の声が聞こえたり、

気づいたときは、

「ちょっと不便なクセ」が
出ているのかも
って、
見てみるのもポイントです。

 

そんなときは、

今、この瞬間から、

「もう、や~めた!」って、
声に出して言ってみてください。

 

出せなかったら、
心の中でもいいですよ。

 

変えようとか、

直そうとか、はせずに、

「このクセ、や~めた!」って、
言ってみるのです。

 

VoedbKAB

 

1秒前は、もう過去です。

 

ちょっと前の分析とか、

どうしたらいいか、

何がいけなかったのか、

という作業は、
やらなくてもいいです。

 

そう、考えてみるだけで、

自分の、

・考え方のクセ

・思い込みのクセ

・言葉のクセ

・態度や視点のクセ

に、自分で気づけるようになっていきます。

 

最初は、
できないことが多いから、

そこは、
自転車を乗りこなせるように
なったように、
やっぱり練習ですね。

 

子どもを持つ親だったら、

「勉強しなさい」

「宿題はやったの?」

「ちゃんとやったの?」って、
言うことがあったりします。

 

その言葉は、
もしかしたら、
子どもに向けて言っているのではなく、

自分の潜在意識からの
言葉
だったりするかも知れません。

 

誰かにならなくても、
誰かの真似をしなくても、

自分や、
現実を変えようとしたりすることに

力は使わない。

 

それよりは、
今までのことは感謝して、

「このクセ、や~めた!」で、

どれだけ、自分を楽しませるのか?

いかに、自分を喜ばすか?

 

自分の、

・考え方のクセ

・思い込みのクセ

・言葉のクセ

・態度や視点のクセ

を 活かしていくか?

 

そんなことを観てみると、
自分って楽しいことに気づきます。

 

思考も、
起こっている事も、

実は、とてもシンプルかも
知れません。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る