記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

「がんばっても、上手くいかない」
「がんばりたくても、がんばれない」あなたが、

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる』
考え方、生き方をお伝えしています。

【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになる生き方
?http://ameblo.jp/ganbaranai-happylife/

 

「考えても分からない、、、」

「考えたのに上手くいかない、、、」

 

そんなときもあります。

 

反対に、
「次に何をする」とか、
「何を言う」など、
目の前の小さな選択一つ一つに対して、
あまり考えずにさらっと決める。

 

そうすると、
なぜか上手くいくこともあります。

 

私は、物事を深く考えません。

 

もちろん、
考えることもあるけど
以前と比べたら、浅くなったと思います。

 

私たちはいつの間にか、
当たり前のように、

「物事はよく考えないといけない」

「よく考えることはいいこと」

「よく考えないなんて、バカだ」

そんなふうに思ってきました。

 

「そんなことは、
 いちいち言わなくても分かっている」

当たり前すぎるほどに
自分のルールになっていた。

 

「よく考えて判断する」

「よく考えてから行動する」

 

よく考えることは、
当たり前なことだから、

ときどきは思いがけない失敗をしたり、
見過ごしたり、
場の空気が読めなかったり、

誰かに不用意なことを言ってしまって
傷つけたり、
怒らせたり、
バカにされたり、
ダメ出しされたら、

「なぜ、もっとよく考えなかったんだろう、、、」

「私って、なんてバカなんだろう、、、」

って、自分を責めていました。

 

よく考えることは
「良いこと、賢いこと」で、

よく考えないことは
「悪いこと、浅はかなこと」と思っていたから。

 

だから、

「今からよく考えて備えないと、老後が心配」

「よく考えて、あの人たちと
 上手くやっておかないと孤立する」

「よく考えて発言しないと、
 浮いてしまう」とか、、、

 

よく考えることは良いことだから、
いつかは得をする。

よく考えないことは悪いことだから、
いつかは損をする。

と信じていました。

 

果たして、本当にそうなんでしょうか?

 

1d5m-306

 

「よく考えること」が
役に立ったこともあるけれど、

何でも「よく考えすぎて」
精神的に疲れたり、
迷ったり、
自分の本心とは違うところに
着地してしまうことが
あるのです。

 

頭で理由をつけて納得させた
(納得していないこともある)結論だから、
自分の本心とは合ってないことがあるのです。

 

例えば、
モノを買うときでも、

最初に見たときに
「ピン!」ときたモノを見つけても

「よく考えないと損をする」と思って
あちこちのお店を見回っているうちに
だんだん見過ぎて、

結局は自分が欲しかったモノが分からなくなって、
ただ疲れて買えなかったり、
損をしたくないから無難な路線に走り、

使ってみたら思ったほど良くなかったとか、、、

買った直後に何か違うと思ってしまったり、、、

 

「よく考えること」が、
必要なときもあるけれど、
自分の中で「よく考える」というのを減らしてみる。

頭の中で考えるよりも、
自分のヒラメキを信じてみる!

 

私たちは、
子どもの頃に親や先生、
テレビ、世の中、
ひっくるめれば色んな事から、
当たり前のように

「よく考えなさい」

「よく考えないから、
 そんなことになるのよ」って、
インプットされてきた。

 

だから、
「よく考えること」は大事なこととして、
今の自分に染みついていたりする。

 

ほとんどの場面で
「よく考えよう」って思っていたり、

何か失敗したときには、
「私がよく考えなかったからだ、、、」って、
自分を責めてしまったりする。

 

「よく考える」って、
そんなに必要なこと?

失敗してしまったのは、
よく考えなかった私が悪いから?

 

何事も考えすぎて
立ち止まってしまうなら、

いっそのこと、
「よく考える」
「考えてから答えに辿り着こうとすること」を
やめてみたらいい。

 

どっちみち、
「どれが正しかった」かなんて答え、
今は分からないから。

 

いつも考えている人、
考え抜いてから決めて来た人にとって
「考えないこと」は怖いかもしれない。

 

でも、
「損したくないため」によく考えて、
考えすぎて、いろんな妄想や不安が広がって、
誰かや自分を責めるよりも、

今の自分の目の前にある、
自分の心地よさや気持ちを大事にして、
自分にとって自然な選択をして、
いかなる答えになっても、
自分も、誰も責めない。

 

「私は、選んだ」

もう、それ以上は考えない。

 

悩むこともしない。

あるかどうかさえ、
見ようとしないし確認もしない。

 

つまり、「よく考えない」

 

その方が、
自分が穏やかになって
安心して生きることができるという意味で
自分にとって優しい選択だと思うのです。

 

「よく考えたこと」で、
不必要な苦しみや悩み、
心のエネルギーの消費をしているだけ
かもしれないからね。

 

今だから言えるけれど、
そういう自分も、

考えていなさそうな人を嫌っていたし、
バカにしていた。

 

「あれこれ考えて、悩んでいる自分」

 

そんな自分の方が
考えていない人よりすごいし、
エライって思っていた。

 

そんな自分は、
近寄りがたい人に見えたでしょうね。

 

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る