記事の詳細

●「がんばっても、上手くいかない」「がんばりたくても、がんばれない」あなたが、『なぜか知らないけれど、上手くいくようになる』考え方、生き方をお伝えしています。
【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方
http://ameblo.jp/ganbaranai-happylife/

 

世の中には理由がわからないことがたくさんあります。

 

例えば、人間関係なら、「相手の言動で気まずい感じがしてしまう」とか。

でも、その理由がわからない。

 

こういう場合は、どうしたらいいでしょうか?

 

「気にしないようにする」か、「理由を明らかにする」か、ではないでしょうか。

しかし、ある程度考えても思い当たる理由が見つからないなら、それ以上考えてもわからないと思います。

 

自分に思い当たることがないのなら、いっそのこと「相手の問題」にしてしまうのもアリではないでしょうか。

 

そして、相手の理由は詮索せず、それなりにつきあうか、自分から関係を改善する努力をする(見方を変える)か、を決めればいいと思います。

 

少しぐらい気まずい感じがしても、「気にしない」「相手の問題」と、その場で軽く受け流せれば問題はないのですが。

 

「理由を明らかにする」には、相手に直接聞いてみるしかありません。

聞いてみれば、納得できる理由がわかって、モヤモヤが解消されるかもしれません。

 

でも、耳が痛い話を聞くことになるかも。

そこで「カッ」となって反論したのでは台無しです。

 

そういうときには、相手の話を聞くことに専念し、その後の対応は時間を置いて考えたほうがいいのです。

 

良くないのは、

わからない理由をあれこれと考え過ぎて「イヤな思いをし続けてしまうこと」と、

自分なりに解釈して、「相手の理由を悪く決めつけてしまうこと」です。

 

magomaev

 

人の感じ方は、人の数だけあります。

 

10人いれば、10人の感じ方がある。

100人いれば、100人の感じ方がある。

 

自分の感じ方があるように、相手にも感じ方がある。

 

だから、違っているのは「当たり前」で、似ているだけで「ラッキー」なんです。

全く同じなら、奇跡でしょう。

 

感じ方(どのように受け取るか)なんて、その人の「自由」です。

「感じ方が人の数だけあるのなら、(自分も相手も)そう感じるのも自由」です。

 

なのに、そこに理由を求めて「答えを探そう」とするのは、ホント難しい。

自分がどんなふうに感じているのかもなかなか気づいていないから、なおさらね。

 

「何となく、嫌だなぁ」

「なんか、面白い!」

「わからないけれど、楽しい♪」

 

理由がわからないけれど、そう感じるときがある。

そんなときは、「カラダが動くままにいればいい」んです。

 

動いていれば、あるとき「そうなんだ!」って、理由がヒラメクことがあります。

理由はわからないけれどね。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る