記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

多くの人が
痛みを和らげることなく、
日々を送っています。

 

痛みは人生の中で小さく、
取るに足らない程度
かもしれないし、

大きくて耐え難いほど
かも知れません。

 

「痛み」 とは何でしょうか?

 

 

ほとんどの人は
「何か逃れたいもの」
だと思っていますが、
「痛みから何が学べるか」を
考えてみてはどうでしょうか。

 

痛みはどこから来るのか。

 

そして、
私に何を語ろうとしているのか。

 

痛みという言葉を辞書でひくと
「けがや体の不調からくる
 不快な感覚、
 あるいは苦しい感覚」、

「精神的、感情的な苦痛」
とあります。

 

痛みは、
心と体の病の副産物なので、
この両方の影響を
受けやすくなっています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

痛みは、色んな形で訪れます。

 

かき傷、打撲、打ち身、病い、
不眠、胃の不快感、
手足のしびれなど。

 

ひどく痛むときもあれば、
それほどでもないときもありますが、
痛みがあることだけは分かります。

 

ほとんどの場合、
痛みは「私たちに何か」を
言おうとしています。

 

ときには、
メッセージが明らかなこともあります。

 

「普段は胃の調子が悪くて、
 週末は何ともない」
という場合は、
【仕事を変えたほうがいい】
というメッセージです。

 

覚えておいて欲しいのは、

「人間の体は、
 一つひとつの機能が
 上手くまとまってできている」
ということです。

 

耳を傾けたくなくても、
問題があれば
「体が語りかけてくる」のです。

 

残念なことに、
多くの人が
痛みからのメッセージに
耳を傾ける時間を
取ろうとしないことです。

 

痛みは、
「人生の何かが間違っている」
あなたに教えてくれるものです。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る