記事の詳細

人の悩みはつきませんが、特に人間関係やお金、仕事で悩むことが多いですね。

今回は、人間関係の悩みについての考え方をお伝えします。

 

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

人は、1人で生きていくことはできません。

何らかの形で誰かのお世話になっています。

それは、目には見えない人も関わっているという意味です。

 

人間関係で悩みが起きやすいのは、親や会社の人です。

それだけ、関わる頻度が多いからです。

 

関わればやっぱり、何らかの感情がお互いに動くわけです。

面倒かもしれませんが、ある意味当然のことです。

 

私も人と接することを苦手としていたときは、人間関係でビクビクしていました。

「あの人からどう思われているんだろうか?」

「何か悪口を言われていないだろうか?」

 

そんなことを思っていると、ますますビクビクするようなことが起こる。

ホント、不思議なぐらいに。

 

人間関係で悩んでいる人は、何か問題を抱えていてそれが「相手が悪い」と思っているフシがよくあります。

その反対に「自分が悪い」と責めている場合もあります。

 

問題そのものには問題はありませんし、お互いに抱いている感情にも問題はありません。

問題や感情は、「私がどう感じている」にしか過ぎないからです。

 

例えば、仕事で後輩が発注ミスをして自分の取引先に迷惑をかけて私が叱られた。

それなのに後輩は何とも思っていない、、、

 

そこで私は、腹が立つのです。

「何で私は失敗していないのに怒られないといけないの? 後輩は謝りもしないなんて!」

 

でも、そうなる前に何らかの原因がお互いにあったのです。

私は、後輩に発注の確認をしていなかったかもしれない。

後輩は、発注のときに何か他のことを考えていてうっかりしていたのかもしれない。

 

私が腹が立つのは、私のことをちゃんと認めてくれなかったから、、、

人って、自分が「愛されていない」って感じるとスネてしまう。

 

問題や感情は、「私がどう感じている」にしか過ぎない。

例の話で言えば、私は「問題だ!」と感じているのに、後輩は問題とは思っていないのかもしれない。

 

defend00200

 

感情は、人の数だけ感じ方のバリエーションがあるから、私は「いいなぁ」と思っていても、他の人は見向きもしない、けなされることもある。

また、その逆もしかり、、、

 

私と他の人、親であっても会社の人であっても、もっと親しい関係にある人でも感じ方は違う。

その感じ方の違いを理解できるようになれば、人間関係で悩むことはなくなる。

 

「私はこう感じているけれど、あの人はこう感じているんだ!」

そうやって、私の気持ちとあの人の気持ち両方を認められるか。

それができれば、人間関係で悩むことはない。

 

お互いの気持ちを認めることが今は難しければ、私の気持ちを受け入れることから始めてください。

まずは、自分が感じていることを「良い、悪い」とジャッジしないで、ちゃんとその気持ちを感じきる。

 

不安だったら「今、不安を感じているんだな」

腹が立っているんだったら「あの人のこのことに私は腹が立っているんだな」って。

 

自分の気持ちはあっていいこと、自分が認めることをしていくと相手の気持ちを分かるようになる。

そうやって、私もあの人の気持ちを認められるようになると人間関係はスムースになる。

 

結局、私も認められたいように、あの人も認められたいんです。

気持ちを理解してくれる人を私たちは求めているのです(^-^)

伊藤直幸

 

★「ありのままに生きる」個人セッション
フリ」を止めれば、幸せはカンタンです!
詳しくは、こちらをご覧になってください↓
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1573

 

WP-トピックバナーw300動画2
★「やりたいこと発見セミナー」を
ご自宅で何度でも体験できます★
詳しい内容は、コチラから↓

http://itou-naoyuki.jp/seminar/diamond-movie/


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る